年賀状は計画的に

おとしもの

今ころに、年賀状を出していない人から届くと嗚呼。。ですよね。 今年はとくに気合いのまったく入っていない一般的にフツーのデザインだったので、さらにせつない気持ちがいっぱいです。 うん、寒中見舞いを送ろう。

来年はクオリティ高い年賀状を早めに用意し、候補名簿リストもしっかり作ろう。。と誓ってみる。

写真は、おとしもの。

まってるよ

彼は、交差点の横断歩道の向こう、
その一点をじっと見つめ、座っていた。



  ぼく まってる
  きみは くるのかな
  こないのかな

  ぼく ここで まってるよ





というようにしか見えない、落し物を見てしまった夕暮れ時。 あああ。

落し物シリーズ その3409

 
いつものように公園を散歩していたら、サクラの樹の下に、
なにやら紙切れが落ちていました。

なんだろう。
写真を押すと大きくなるよ!




けっこう、得した気分になりましたが、
どこで大会をしているかも分からないので、
そのまま置いてきました。
持ち主が探しにくるかもしれない。
 

ジャー

20061212_249203.jpg

裏道の苔むした石垣の上に、昭和な電子ジャーがぽつんと置いてあった。なぜ。


周りに人がいないのを確認してから、一応ふたを開けてみた。
割れた緑色のガラス瓶と、ネギの新鮮な緑の部分が一本折り曲げられて、入ってた。なぜ。
1